映画「瞽女 GOZE」を世界へ発信!英語予告版制作プロジェクト

映画「瞽女 GOZE」を世界へ発信!英語予告版制作プロジェクト
プロジェクトオーナー

瀧澤正治

地場産 教育・福祉 伝統文化 文化・芸術

33%

  • 現在
  • ¥192,000
  • 目標金額
  • ¥580,000
  • 購入口数
  • 60口
  • 残り日数
  • 35日
このプロジェクトは2020年5月7日 (木)までに、
580,000円以上集まった場合に成立となります。

●新型コロナウイルスによる感染拡大防止のためプロジェクトを変更します(2020年3月25日)

 世界各国において、新型コロナウイルスによる感染の報告が相次いでおります状況下において、感染拡大防止のため4月27日(月)の「瞽女 映画 GOZE」の特別披露試写会をやむなく中止とさせて頂く事になりました。ご連絡申し上げますと共に、心からお詫び申し上げます。
 
<変更後の目的>
 しかしながら「映画『瞽女GOZE』を新潟から世界へ。新潟を世界へ!」の思いは変わりません。「やむを得ない事情による特別措置」として「にいがた、いっぽ」では引き続き、クラウドファンディングの目的を変更しプロジェクトを続けさせて頂きます。

 新しい目的は「映画『瞽女 GOZE』の海外映画祭出品および海外配給に向けた英語シナリオ作成費及び英語版予告版制作」です。これは次回のクラウドファンディングで予定していたものですが、完成試写会の実施が不可能になったため急遽変更し、5月7日まで実施します。
 
<支援タイプも変更します>
 「特別披露試写会ご招待券付きの支援タイプ」は「ご招待券」を6月20日(土)からの新潟市民映画 シネウインド(新潟市中央区)における「先行ロードショー鑑賞券」に変更とさせて頂きたいと思います。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 対象となる支援タイプと変更後の内容は下記のとおりです。
 
旧)特別披露試写会1名様ご招待¥2,000 
⇒新)先行ロードショー鑑賞券1枚+映画チラシに出演者サイン¥2,000 
旧)特別披露試写会2名様ご招待¥4,000
⇒新)先行ロードショー鑑賞券2枚+台本に監督サイン¥4,000
旧)特別純米酒「瞽女」、特別披露試写会1名様ご招待 ¥5,000
⇒新)特別純米酒「瞽女」+先行ロードショー鑑賞券1枚+台本に監督サイン¥5,000 
旧)特別純米酒「瞽女」、特別披露試写会2名様ご招待 ¥6,000 
⇒新)特別純米酒「瞽女」+先行ロードショー鑑賞券2枚+映画チラシに出演者サイン¥6,000
 
 なお「既に旧タイプでご支援頂きました皆様」につきましては、当初プロジェクトの趣旨から変更となっておりますので、ご希望に応じて申し込みのキャンセルを2020年4月10日(金)まで承っております。別途、ご案内のメール、郵便をお送りしておりますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。
 
 ご支援いただいた皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
 何卒、「新潟を世界へ」の合言葉で皆様のご支援をお願いいたします。
 クレジットカード以外でのご支援を頂けるという方がいらっしゃいましたら、こちらへ是非お気軽にお問い合せください。
 
株式会社キッズ 担当:青木
(お問い合せ時間帯:11時~18時)
TEL:03-5621-6622
eメール:goze@kidsboys.com

●映画「瞽女GOZE」とは。

/data/project/598/KAWAKITA01.jpg
 映画「瞽女(ごぜ)GOZE」は、最後の瞽女・小林ハルさん(新潟県三条市出身、1900-2005年)の半生を描いた映画です。
 瞽女とは、家々を回り三味線を披露して生活していた盲目の女性旅芸人のことで昭和の中頃までその姿が見られました。

 この映画の監督・瀧澤は、2003年1月、偶然某テレビ番組で最後の瞽女(ごぜ)小林ハルさんを知りました。
 盲目という先天的障害だけでなく、厳寒の許での厳しい瞽女修業、他人から受けた酷い仕打ち、愛するものとの死別等の人生の不幸を全て素直に受け入れ、運命を恨まず、人の幸せを妬まず、人を差別せず、人に楽しみを与える瞽女として、母との約束を一途に守り生涯を健気な心で生きた姿に感動し、映画化したいと考え17年間。小林ハルさん言う「難儀な事をやるのが本当の仕事」「苦は楽のタネだよ」この言葉に支えられ、挫けず、諦めず歩いて来ました。

 2017年には「にいがた、いっぽ」で制作プロモーション映像のためのプロジェクトを実施。https://n-ippo.jp/project/detail/318
 2018年クランクイン、そしてこの度完成した本作は…

1.盲目の女旅芸人瞽女(ゴゼ)小林ハルが、幾多の逆境に立ち向かい健気に生きたヒューマンムービー

2.母と子の二人の愛と葛藤を軸に、今日の日本社会から失われつつある母の愛とはを見つめ直し、心に響く作品

3.第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリ吉本実憂さん主演他豪華俳優人が出演

 映画「瞽女GOZE」を皆さんと共に世界の映画へと導きたいです。
 映画「瞽女GOZE」はそれだけのチカラを持った映画だと確信しています。
 

●新潟から盛り上げたい!

 本作の上映スケジュールは新潟県内では一部決定していますが、全国での上映予定は未定です。
 地元・新潟での盛り上がりが、全国での上映のカギとなるとも言えます。
 一人でも多くの方にご覧いただき、その感動を広めていって欲しい…そのために支援を募り、新潟市での特別披露試写会を実現させたいのです。

 特別披露試写会は4月27日(月)午後6時から、新潟市中央区の日報ホールで開催します。主演女優3人が舞台挨拶します。

 


お楽しみにされていた皆様、関係者の皆様には心よりお詫び申し上げます。
なお、試写会および映画の上映に関する詳細は、オフィシャルサイトにて随時更新致しますので、ご確認下さいますようお願い申し上げます。

この試写会は「にいがた、いっぽ」を通じ、ご支援くださった方限定です。
 
 是非「にいがた、いっぽ」を通してたくさんの方々に応援いただけますと幸いです。
 集まった資金は特別披露試写会のための会場費、運営費、返礼品、UDキャスト(副音声アプリ)制作費等に活用させていただきます。

 
 クレジットカード以外でのご支援を頂けるという方がいらっしゃいましたら、こちらへ是非お気軽にお問い合せください。

株式会社キッズ 担当:青木
(お問い合せ時間帯:11時~18時)
TEL:03-5621-6622
eメール:goze@kidsboys.com
 

●「瞽女」…雪国新潟におけるノーマライゼーション

/data/project/598/hasaki.jpg
 
 日本では、琵琶、箏、三味線、胡弓の分野で偉大な伝統文化を支えた視覚障害者が大きな実績を残しています。
/data/project/598/ayako.jpg
 昭和中期まで三味線芸を披露し心の癒しを届けた集団・瞽女が活躍していました。江戸時代から視覚に障害を持つ女性の芸能集団・瞽女は、農山村の奥地まで、三味線による芸能と情報を送り届けて、村人と交流し福祉の原点であるノーマライゼイションのひとときをつくりあげてきました。
 特に雪国越後のもつ民俗性は、心打つ民話に残り瞽女への追憶となっています。背景には雪とともに生きた人々の知恵と文化があります。瞽女は雪国を代表する文化の担い手でもあります。
/data/project/598/hasaki02.jpg
 

●「小林ハルさん」とは。

 この映画の主人公小林ハルさんは1900年(明治35年)新潟県三条市に生まれました。3ヶ月で失明し、2歳の時父親と死別。7歳で瞽女親方に弟子入りして、瞽女の道を歩き始めました。その後、厳しい修行、様々な困難を経て親方になりました。
 しかし大正、昭和の時代となり、活動写真、ラジオ等の普及で、あれほど喜ばれた瞽女唄は色褪せていくのでした。そんな時代の流れに飲み込まれ、小林ハルさんも1973年(昭和48年)瞽女を廃業しました。
 1978年(昭和51年)国立劇場の舞台で瞽女唄を披露し、無形文化財保持者いわゆる人間国宝に指定され、1979年(昭和54年)には黄綬褒章を授与され、2005年(平成17年)に波瀾万丈の人生を終えました。
 
 そんな小林ハルさんを通じて「盲目の旅芸人・瞽女」の果たした役割を、視覚障害というハンデキャップを厳しい修行で克服し、人生を全うした越後瞽女の感動的な姿、新潟の美しい四季の移ろいの中に詩情豊に描き出します。 
/data/project/598/nanohana.jpg
/data/project/598/jizou.jpg
  
 

ーキャスト紹介ー

小林ハル(成人役):吉本実憂(よしもと・みゆ)

 2012年夏、第13回全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞し芸能界入り。 2013年1月には第13回全日本国民的美少女コンテストに出場したメンバーとともにガールズユニット「次世代ユニットX21」を結成してリーダーに就任。グループとして活動する一方で、同年2月には第85回記念選抜高等学校野球大会で大会史上初の「センバツ応援イメージキャラクター」に起用された。 2014年7月には読売テレビ『獣医さん、事件ですよ』でテレビドラマへ初出演して、女優としてデビュー。また、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に栄姫役で出演し、時代劇及び大河ドラマへの初出演を果たした。同年12月には映画初出演で初主演作品となる映画『ゆめはるか』が公開された。 数々のテレビドラマ、CM、映画に出演。2018年、主演映画『レディ in ホワイト』では、役作りのために体重を5キロ増やした。本作品においても役柄に正面から向き合う姿勢は、監督のみならず多くの製作スタッフ一同感銘を受けた。
/data/project/598/YOSHIMOTO01.jpg
 

小林ハル(幼年役):川北のん(かわきた・のん)

2009年3月3日生まれ。身長:(2020年今のところ…)135センチ。趣味:読書 ジョギング 辞書引き 犬のお世話。【ドラマ】グッドパートナー無敵の弁護士 ドクター調査班、【映画】 ぼくは明日、昨日のきみとデートする、残穢ー住んではいけない部屋 では、演技がすごいと話題になりました。2018年には引き続き同じ役で「PTAグランパ2!」にも登場しました。「家政夫のミタゾノ」出演。この他にもたくさんのCMや、ドラマ、映画で子役としての活躍の場が広がっています。 本作品でも子役とは思えない演技力でベテラン俳優をも魅了しました。
/data/project/598/KAWAKITA03.jpg

ーオールキャスト紹介ー

川北のん(子役)・吉本実憂・中島ひろ子・冨樫 真・鈴木聖奈・宮下順子
草村礼子・小林綾子・小林幸子(特別出演)・本田博太郎・渡辺裕之・国広富之
嶋田久作・寺田 農・綿引勝彦・左 時枝・渡辺美佐子
奈良岡朋子(語り部)
/data/project/598/yakusya.jpg
/data/project/598/nakajima.jpg
/data/project/598/KOBAYASHI_SACHIKO.jpg
 

ー実行者ー

映画 瞽女 GOZE 製作委員会
 

ー作品概要ー

原作:最後の瞽女 小林ハルの人生(著者 桐生清次)
原作:最後の瞽女 小林ハルを光を求めた一○五歳(著者 川野楠己/NHK出版)
瞽女キクイとハル 強く生きた盲女性たち(著者 川野楠己/鉱脈社)
脚本:加藤阿礼、椎名 勳、瀧澤正治
監督:瀧澤正治
音楽:まついえつこ
制作:株式会社キッズ
特別協賛:三条市
後援:BSN新潟放送
支援協力:上越市、胎内市、只見町、メトロガイド
 

ー瀧澤監督からのコメントー

 瞽女小林ハルへの役作りは相当の覚悟が必要でした。先ず瞽女唄、この独特な唄を覚える事から始まります。もちろん歌詞だけでなく節回しも覚えなくては歌えないのです。前に吐き出す様な大きな歌声を、そして厄介な楽器である三味線です。二人とも初めてでそれなりに弾ける様になるには3ヶ月はかかるそうですが、吉本さんは1ヶ月近くでマスターしてしまいました。
/data/project/598/YOSHIMOTO02.jpg
 
 二人とも難しい瞽女唄と三味線を短期間で覚え習得しました。その役作りには脱帽です。それにもう一つ難儀なのは、古い明治時代の話しなので当時瞽女さんは旅をする時は裸足に草鞋履きなのです。もちろん雪が積もった寒い冬も裸足で草鞋なのです。雪道を歩く足のカットは素足での撮影でした。子役ののんちゃんは寒さには一切弱音を言わず素足で演じてくれました。二人は全てにおいて全力で立ち向かい迫真の演技に正直驚かされました。是非二人の演技をご覧いただきたいと思います。
/data/project/598/KAWAKITA02.jpg
 
PARTNER

「にいがた、いっぽ」と連携しています

認定NPO法人新潟NPO協会