新型ウイルスで苦境 新潟県内のスポーツ事業を応援しよう!「スポーツ応援!にいがた結(むすぶ)プロジェクト」

新型ウイルスで苦境 新潟県内のスポーツ事業を応援しよう!「スポーツ応援!にいがた結(むすぶ)プロジェクト」
プロジェクトオーナー

にいがた結(むすぶ)プロジェクト

スポーツ 地域活性化

38%

  • 現在
  • ¥3,063,000
  • 目標金額
  • ¥8,000,000
  • 購入口数
  • 713口
  • 残り日数
  • 終了

◎今こそ、明日こそ、スポーツ

 本来であれば2020年夏に開幕する東京オリンピック・パラリンピックに向け、聖火リレーも新潟県を駆け抜けたはずの時期ですが…。
 コロナ禍はスポーツにも大きな影響を及ぼし、東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、多くのスポーツ大会、リーグなども延期、中止。外出自粛やスポーツ施設の休止もあり、日常生活の中で当たり前のように存在していたスポーツが今、力を失いつつあります。また、運動できる環境が限られる中、運動不足等による健康二次被害も懸念されています。
 
 県民がスポーツを日常的に親しみ、地元のスポーツチーム等を支えることは本県の文化であり、魅力でもあります。
 コロナ禍で活動が大きく制約される中、スポーツの灯をともし続けることは、多くの方々に元気を与え、地域全体の活性化にもつながります。もしかしたら、「新型コロナウイルスで大変なときに、スポーツなんて…」と思われる方もいるかもしれません。しかし、こんな時だからこそ、スポーツを「する」場を守り、スポーツを「みる」楽しみを守るため、スポーツを「支える」ことが必要です。当プロジェクトにより、皆様の応援の気持ち・お力をお貸しいただければ幸いです。
 今こそ、明日こそ、スポーツを!
 

◎「スポーツ応援!にいがた結(むすぶ)プロジェクト」とは

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、活動による収入を得られなくなったクラブ・団体と、資金支援をしていただける皆様を結びつける、クラウドファンディングの取組です。
 支援対象は、総合型地域スポーツクラブ及びプロスポーツ団体等(企業所属のチームを除く)です。
 
●総合型地域スポーツクラブ
活動場所である運動施設の休館に伴い、活動の休止を余儀なくされました。また、地域の方々によって運営されているため、会員からの会費は大事な収入源ですが、活動休止により大きく減少しています。子どもから高齢者まで、初心者からトップレベルの選手まで多種多様なスポーツを楽しむことができる総合型地域スポーツクラブは、地域の健康づくりだけでなく、住民の交流の場としても大きな役割を担っていますが、その存続が危ぶまれています。
 
●プロスポーツ団体等
リーグ戦や各種大会が中止・延期されているだけでなく、選手にとっても十分に練習できる環境がなく、モチベーションや技術の維持が難しい状況です。プロスポーツ団体等の収入の多くは、協賛企業からのスポンサー収入が占めていますが、試合が開催できない中では営業活動もできず、団体の活動維持も厳しい状況です。
 

◎支援のお申込について

●支援したい団体と金額(3,000円、5,000円)を選べます。各金額とも、何口でも寄付することができ、上限金額はありません。
●所定のクレジットカードで決済していただけます。システムの都合上、現金による受け付けはできません。現金振込みでの寄付を希望される場合は、別途下記事務局までお問合せください。
●申し込みフォームの「その他連絡事項」の欄に、支援を希望するクラブ・団体番号とクラブ・団体名を入力の上、お申込みください。
●クラブ・団体番号とクラブ・団体名はお間違いのないようご注意ください。間違いがあった場合にはご希望のクラブ・団体の支援ができません。「参加しているクラブ、団体の紹介」にあるクラブ・団体番号とクラブ・団体名をそのまま記入(またはコピーアンドペースト)してください。入力ミスでクラブ・団体番号とクラブ・団体名が異なる場合は、クラブ・団体番号を優先します。
●複数のクラブ・団体への支援をお申込みいただく際は、お手数ですが1クラブ・団体ごとにお申込みをお願いいたします。
 ただし、総合型地域スポーツクラブについては、参加している32クラブにまとめて支援することもできます。「その他連絡事項」の欄に「総合型地域スポーツクラブ全32クラブへ支援」と記載してください。その場合は、均等割りにしてお渡しいたします。
 また、参加クラブ・団体全体への支援を希望される場合は、クラブ・団体名を入力せずにお申し込みください。
●寄付控除は、「参加しているクラブ、団体の紹介」のクラブ・団体名横に「寄付金控除対象」と記載している団体のみが対象となります。
●申込み後の寄付金の返金や、寄付先クラブ・団体変更、および寄付額の変更は理由を問わずできませんのでご了承ください。
●ご指定いただいたクラブ・団体には寄付者の情報(氏名、住所、寄付額と口数、寄付総額)をお知らせします。あらかじめご了承ください。
 

◎実施(支援受付)期間

令和2年6月5日(金)~令和2年6月30日(火)
   ▶午前10時から、支援にご参加いただけるようになります。
 

◎支援資金の使いみち

 皆さまからの支援資金は、全額をご指定のクラブ・団体にお届けし、各クラブ・団体の活動に役立てます。
 なお、支援したいクラブ・団体名の記入のない支援資金につきましては、参加クラブ・団体全体への寄付として、全額を参加クラブ・団体へ均等割りしてお渡しいたします。
 

◎参加しているクラブ、団体の紹介

 下記の参加クラブ・団体名を確認いただき、申込みページにある「その他連絡事項」欄に支援したいクラブ・団体番号とクラブ・団体名をご入力願います。


 

◇総合型地域スポーツクラブ

○参加クラブ一覧


101-NPO法人総合型地域スポーツクラブハピスカとよさか(新潟市北区)
102-認定NPO法人新発田市総合型地域スポーツクラブ(新発田市)〔寄付控除対象〕
103-NPO法人希楽々(村上市)
104-NPO法人総合型地域スポーツクラブウェルネスむらかみ(村上市)
105-NPO法人総合型地域スポーツクラブ愛ランドあさひ(村上市)
106-NPO法人サンスマイルあらかわ(村上市)
107-NPO法人さんぽくスポーツ協会(村上市)
108-一般社団法人五泉市スポーツ協会 総合型クラブ ヴィガ(五泉市)

/data/project/637/総合型1修正.jpg

109-NPO法人阿賀野市総合型クラブ(阿賀野市)
110-NPO法人スポーツクラブたいない(胎内市)
111-NPO法人スポネットせいろう(聖籠町)
112-長岡蒼柴スポーツクラブ(長岡市)
113-総合型クラブY-GETS(長岡市)
114-寺泊総合型スポーツクラブてらスポ!(長岡市)
115-一般社団法人キラスポみしま(長岡市)
116-NPO法人長岡ジュニアユースフットボールクラブ(長岡市)

/data/project/637/総合型2.jpg

117-三条市総合型地域スポーツクラブりんぐる(三条市)
118-NPO法人チャレンジ夢クラブ(柏崎市)
119-NPO法人こいこいスポーツクラブおぢや(小千谷市)
120-NPO法人ネージュスポーツクラブ(十日町市)
121-NPO法人見附市総合型地域スポーツクラブ(見附市)
122-NPO法人エンジョイスポーツクラブ魚沼(魚沼市)
123-南魚スポーツパラダイス(南魚沼市)
124-NPO法人ユースポ!(湯沢町)

/data/project/637/総合型3.jpg

125-NPO法人Tap(津南町)
126-NPO法人スポーツクラブあらい(妙高市)
127-妙高高原スポーツクラブ(妙高市)
128-NPO法人ふるさとづくり妙高(妙高市)
129-NPO法人ユートピアくびきスポーツクラブ(上越市)
130-NPO法人さんわスポーツクラブ(上越市)
131-かきざきスポーツクラブ(上越市)
132-NPO法人おおがたスポーツクラブ(上越市)

※101~132の全32クラブへまとめて支援することもできます。
その場合は、「その他連絡事項」の欄に「総合型地域スポーツクラブ全32クラブへ支援」と記載してください。

/data/project/637/総合型4.jpg

 

○総合型地域スポーツクラブの紹介


□「総合型地域スポーツクラブ」について、ご存じでしょうか?
 
 そもそも「総合型地域スポーツクラブ」について、ご存じでしょうか。聞きなれない言葉、初めて目にしたという方も多いと思います。
 いろいろなスポーツ・運動を、子どもから高齢者までの幅広い世代で、それぞれのレベルや目的に応じて活動でき、地域の皆さんが主体的に関わり運営している『地域密着型の非営利スポーツ団体』のことです。
 全国では、約3千数百クラブが活動しており、新潟県では、県のスポーツ振興に向けた協働パートナーであり、かつ県として育成・支援していく「新潟県総合型地域スポーツクラブ」を明確にし、地域における総合型地域スポーツクラブに対する認識の共有と理解向上を図るため、「新潟県総合型地域スポーツクラブの指針」を策定(平成27年4月)しており、現在35クラブが申し出を行っています。
 そのうち経営面での影響が大きく、皆様からの支援を求めている32クラブが、本プロジェクトの支援対象団体(以下「総合型地域スポーツクラブ」という。)となっています。
 総合型地域スポーツクラブでは、その名のとおり、スポーツや健康づくりの教室、スポーツ大会の開催などが主な活動となっていますが、そのほか地域の課題解決や社会的なニーズを踏まえた、次のような「ひとづくり」「仲間づくり」「まちづくり」に関する様々な活動に取り組んでいるクラブも数多くあります。
・幼児期における楽しい運動遊びの推進
・小学校の体育授業への支援
・中学校の運動部活動への支援や部活動以外の新しい活動の場づくり
・高齢者の健康づくりや介護予防運動等の推進
・障がい者スポーツの振興や共生社会づくり
・自然や地域資源を生かしたスポーツによる地域活性化と観光振興
・商業施設とコラボした運動に親しみのない方への啓発活動 など
 
 
□「新型コロナウイルス感染症」の影響により、経営面で支障が生じています…
 
 公益財団法人新潟県スポーツ協会が4月に行った緊急調査では、すべての総合型地域スポーツクラブにおいて、教室などの主催事業の休止が発生し、それに伴い受講料収入などが激減。平均で約180万円の損失(調査時)が生じ、スタッフの雇用維持にも影響が出ています。
 一方、そのような中にあっても安全に運動を継続し、健康維持に役立てていただきたいとの思いから、自宅でできる運動に関する動画を作成・公開するとともに、動画視聴が難しい高齢者の方々向けにはチラシを作成して個別訪問するなど、地域の実態に応じたサポートに取り組んでいる総合型地域スポーツクラブも数多くあります。
 最近、ようやくスポーツ施設も再開し始めましたが、感染拡大防止の観点から、多くの総合型地域スポーツクラブにおいては、以前のように本格的なスポーツ活動を再開するまでには至っていないのが現状で、経営・雇用等への影響が長引くことが懸念されています。
 
 
□新潟県の地域スポーツ拠点を維持するため、ぜひご支援ください!
 
 新潟県の総合型地域スポーツクラブは、地元(新潟県・市町村・地域)とスポーツを愛し、関係者は情熱をもって取り組んでいます。「新しい生活様式」を実践し、以前のように「普通にスポーツができる」ときを迎えるため、その活動拠点である総合型地域スポーツクラブの存続に向けてぜひご支援をよろしくお願いいたします!
 支援金は、主に総合型地域スポーツクラブの運営維持のために充てさせていただきますが、次のような経費に充当させていただきたいという総合型地域スポーツクラブもあります。
・安心、安全にスポーツをするための感染予防対策
・「ステイホーム」でがんばった子ども達が元気に楽しめる活動
・中止大会に代わる大会の開催
・地域の魅力を再発見する活動
・「新しい生活様式」を踏まえた新しいカタチの活動
・会員だけでなく地域の方々にも活用していただけるプログラムづくり
・屋外での活動の充実 など
 
 ぜひ皆さんの地元にある総合型地域スポーツクラブや活動内容に興味・関心のあるクラブを選んでご支援願います。
 また、「新潟県の総合型地域スポーツクラブ全体を応援したい!」という方は、「その他連絡事項」の欄に「総合型地域スポーツクラブ全32クラブへ支援」と記載ください。本プロジェクト登録の総合型地域スポーツクラブに均等配分のうえ、各クラブで有効活用させていただきます。
 
 
□身近な地域で一緒にスポーツを楽しみましょう!
 
 総合型地域スポーツクラブ一同は、この度のプロジェクトに心から感謝しております。
 活動自粛が続き、体育館やグラウンドから元気な声が聞こえなくなり、総合型地域スポーツクラブでも経営面の不安が募っていたところ、「にいがた結プロジェクト」で勇気とパワーをいただきました。
 この度のご支援を切っ掛けとして、スポーツへの参加や運営への参画など、様々な形で皆様と総合型地域スポーツクラブの縁を結んでいただき、一緒にスポーツを楽しみ、より豊かなスポーツライフが送れることを願っています。

/data/project/637/総合型追加分.jpg

 


◇プロスポーツ団体等

○参加団体一覧

201-【アルビレックスグループ】
アルビレックス新潟
アルビレックス新潟レディース
新潟アルビレックスBB
新潟アルビレックスBBラビッツ
アルビレックスチアリーダーズ
チームアルビレックス新潟
新潟アルビレックスランニングクラブ
新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
アルビレックスレーシングチーム

202-(一社)ウォーターポロクラブ柏崎
203-SANJO BEATERS.EXE (NPO法人ソーシャルファームさんじょう)
204-株式会社ホライズン (新潟プロレス)
 

○プロスポーツ団体等の紹介

アルビレックスグループ

□団体、普段の活動の紹介
 1996年にプロサッカークラブ、アルビレックス新潟が産声を上げて以来、新潟で総合的にスポーツを楽しめる環境を作り出そう、スポーツの力で県内を盛り上げようという機運は高まりをみせてきました。幸いにも、新潟県、県民の皆様、ご協賛企業のありがたいご支援を受け、機運は年を追うごとに醸成されることになりました。今では、サッカーに加え、バスケットボール、チアリーディング、ウインタースポーツ、陸上、野球、モータースポーツの7つの競技で9つのチーム・団体が「アルビレックス」の名称を共有して活動することができています。
 チーム・団体が共有しているのは「アルビレックス」という名称だけではありません。それぞれの競技を通じ、青少年の健全な育成や地域に暮らす人々の健康への寄与など「地域社会への貢献」という理念も共通して掲げ、各種事業や活動に取り組んでいます。
 
今回「結プロジェクト」の対象とさせていただくアルビレックスグループ
バスケットボール(新潟アルビレックスBB、新潟アルビレックスBBラビッツ)
チアリーディング(アルビレックスチアリーダーズ)
ウインタースポーツ(チームアルビレックス新潟)
陸上(新潟アルビレックスランニングクラブ)
野球(新潟アルビレックスベースボール・クラブ)
モータースポーツ(アルビレックスレーシングチーム)
サッカー(アルビレックス新潟レディース、アルビレックス新潟)
 
□コロナ禍が団体の活動にどのような影響を与えているか
 現在もなお、私たちの暮らす社会に暗い影を落としている新型ウイルス。ウイルスの蔓延以来、アルビレックスグループのチーム・団体が参戦するリーグや大会などはのきなみ開催延期・中止などを余儀なくされています。また、新潟県民、ファン・サポーター・会員の皆様の生命と健康を守ることを第一に考えて、一般の企業や飲食店の皆様と同様に、事業や活動の大半を自粛し、収入源を失っています。その一方で、事業・活動の再開に備え、所属する選手やコーチ、スタッフの雇用は維持する必要があります。各種救済政策への申請や金融機関の皆様へのご協力をお願いしているものの、チーム・団体の運営母体である法人組織の資金繰りの先行きは不透明な状況です。
 
□「新潟」への想い、支援者へのお願い、今回のプロジェクトへの期待
アルビレックスグループの各チーム・団体にとって、新潟県民、ファン・サポーターの皆様の生命と健康、県内経済の復活とそこに暮らす方々の暮らしの回復が最優先事項です。そして、復興がなされる過程において、微力ではありますが、スポーツの力で貢献をしたいと考え、活動再開の準備を進めています。
アルビレックスの名を冠するすべてのチーム・団体は、いわゆる親会社を持たずに、広く新潟県内企業、県民の皆様に支えられて、ここまで歴史を刻むことができました。その恩返しを、この新型ウイルス禍から新潟が一つになって立ち上がるきっかけを作ることで果たしたいと願っています。新潟に明るい話題をもたらすために、未来ある子どもたちにスポーツがある日常を残すために、各チーム・団体が活動を自粛している期間を耐えしのぐ力を、結プロジェクトを通じて与えていただきますよう、お願い申し上げます。
 
□支援資金の使いみち
「する」「観る」「支える」といったスポーツの楽しみ方も、新型ウイルスの影響を受けた新しい生活様式のなかで変化をしていくことは想像に難くなく、アルビレックスグループの各チーム・団体もスポーツのある日常をどう実現するか、日々、試行錯誤を続けています。
結プロジェクトを通じていただいた寄付金は、各チーム・団体で分配し、それぞれの活動のために大切に使わせていただきます。「アルビレックス」の名称を共有する各チーム・団体が共通で理念としているのは、新潟の皆様とともにまちづくり、豊かなスポーツ文化の創造に貢献することです。ご支援を受け、より新潟の皆様に勇気や元気をお伝えできるよう、努めてまいります。
 

/data/project/637/クラファン_アルビグループ (1).jpg

(一社)ウォーターポロクラブ柏崎  

□活動紹介
当クラブは小学生から社会人まで総勢約170名が所属する国内最大級の水球クラブチームです。これまでに日本一のタイトルを2度獲得し、リオ五輪には4名の選手を日本代表として輩出しました。また、海外チームとの合宿等、水球を通じた国際交流も行っています。さらに、市内小学校への水球指導など地域貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
 
□コロナ禍の影響
新型コロナウイルスの影響による練習機会の喪失およびインターハイ等各種競技大会の中止、また、東京オリンピックも延期となった事による選手のモチベーションの維持が困難な状況となっています。
当クラブは活動内容に協賛していただいている支援企業やサポーターズクラブ会員からの協賛金、会費によって活動資金の大部分を賄っています。
コロナ禍により新規協賛募集活動も停止状態となっており、今後の経済状況の回復の推移によってはクラブの活動に大きな支障も想定されます。
 
□「新潟」への想い
応援して頂いている「新潟の皆様」のおかげでこれまでチームの活動が順調に続けられました。皆様の応援に対してプレーでのお返しができる日は必ず来ると思います。それまで「オールにいがた」で頑張りましょう。
 
□支援資金の使い道
当クラブの活動拠点である柏崎市では、冬期間に市内プールが使用できないため、思うように練習ができません。今回、皆さまからの支援金をもとに屋外プールに「簡易型ドーム」を設置し、通年で練習できる環境を整えることで、選手たちのモチベーション向上につなげたいと考えています。そして、選手たちの活躍を通じて、新潟の皆さまに元気をお届けたします。

/data/project/637/にいがた、いっぽ1(ウォーターポロ)連結.jpg


SANJO BEATERS.EXE
 
□団体、普段の活動紹介
 2019年に新潟県三条市を本拠地とした3人制プロバスケットボールチームSANJO BEATERS.EXEが誕生しました。
 同年3X3.EXE PREMIERリーグに参戦し、三条から世界を目指し活動しています。
 チームコンセプトは、①半農半バスケを実現し、農業6次産業化に貢献する ②三条から世界を目指し、地域の子ども達に夢と憧れを提供する。 ③選手は地域おこし協力隊として三条下田地域へ移住し、地域活性化に貢献する。
新潟県内の選手だけではなく、県外からの選手も三条市下田地区へ移住し、日々活動しています。
三条市へ移住し活動する選手たちは、「地域おこし協力隊」となり、自治会の集いや小学校の巡回授業と、様々なイベントにも参加しています。
 コンセプトにもありますが、「半農半バスケ」耕作放棄地を借り上げ、稲作や野菜作りなどの農作業に取り組みながら、バスケットでもプロリーグに参戦するという新しいスタイルで地域活性に取り組んでいます。
 
□コロナ禍が団体の活動にどのような影響を与えているか
コロナウィルス拡大防止のため、プロリーグも延期されています。3X3.EXE PREMIERリーグは、他のプロスポーツに比べ開催期間が約3カ月と非常に短い期間となっています。通常であれば5月のリーグ開幕に向けて3、4月から、本格的な実践を想定した練習や、プロチームとの練習試合、オープン参加できるトーナメント大会があり、調整を重ね開幕まで準備をします。しかし緊急事態宣言で県外への往来ができなくなったため、チームとして準備を兼ねた活動は出来ていません。
スポンサー企業への営業も十分に行えず広告枠も埋まらない状況です。
メンバー7名中3名が三条市へ移住し生活をしていますが、緊急事態宣言の影響で、新規加入メンバーの1人が移住予定でしたが、まだ合流できていません。
また、農業体験として近隣の市町村の方を招待して行っている田植えのイベントも中止となり、地域の方と農業を通じて交流できる機会を逃してしまいました。子どもたちを対象としたバスケットスクール事業やイベントについても自粛、開催見送りのため、活動費が不足しています。
 
□「新潟」への想い、支援者へのお願い、今回のプロジェクトへの期待
SANJO BEATERS.EXEは、新潟県初の三人制プロバスケットボールチームでありながら、新潟県での知名度が低いです。三人制バスケットボールも東京五輪から正式種目として採用され、まだまだ知名度は低くこれから人気の出ていくスポーツです。三人制と五人制の違いは、コートの大きさが半分であるということと試合時間です。
五人制は40分なのに対し、三人制は10分ととても短い試合時間になっています。ですがその分、体の接触プレーが激しく、展開が早く常に休みなく動き続けます。ストリート発祥のスポーツなので、DJが音楽を流し、MCが選手の実況を行う。それも三人制の大きな魅力になっています。
今年は県外への外出の規制もあり、県内での試合や周知活動をメインに行っていきたいと考えています。新潟県は昔からバスケットボールが盛んで、B1リーグに参戦するプロバスケットボールチームもあります。特に三条市の三条高校は、過去にインターハイで優勝するなどの成績を収めています。
そんな新潟県で三人制バスケットボールとSANJO BEATERS.EXEを多くの人に知ってもらうため、このプロジェクトが支援者の方やBリーグのファンの方やいろんな方に、応援してもらえるようにきっかけになればと思っています。
 
□アフターコロナでの活動の見通し、実践したいこと
 3X3.EXE PREMIERリーグの再開の目途はたっていません。もちろんプロリーグの再開を一番望んでいますが、三人制バスケットボールをやる環境をイベントとして作っていき、1年延期となった東京五輪の波に乗り三条市、新潟県を盛り上げていければと思っています。県内の体育館や移動式コートを利用し、ショッピングセンター駐車場等の屋外敷地で、エキシビションマッチや参加型の体験会などのイベントを行っていきたいと考えています。

/data/project/637/ビーターズ結合 (002).jpg


株式会社ホライズン (新潟プロレス)
 
□団体、普段の活動紹介
私たち新潟プロレスは、地域に密着してロ-カルプロレスにしか出来ない事をやり「新潟に夢と元気をつみあげよう!」というコンセプトで活動するプロレス団体です。
定期的に県内各地域で開催するプロレス大会や様々なイベント・お祭りで鍛え上げられたレスラー達が戦う姿を皆様に観て頂き元気と笑顔、明日への活力を引き出す役割を担うこと。あるいは選手の育成をはじめ、一般の方へもトレ-ニングジムとして道場の門戸を開き、プロレスを通じて楽しく身体を動かし健康を推進する活動を行っています。
皆様の身近で活動する我々だからこそ出来ることに自信と誇りを持ち、一つ一つの出会いを大切に積み重ねていきたと考えております。
私たちは地元新潟で愛されるプロレス団体として多くの皆様とのご縁を繋いでいけるよう代表 重野をはじめ所属レスラーやレフリー、そしてスタッフ一同が精進しております。
皆様には末永いご支援とご声援の程、宜しくお願い申し上げます。
 
□コロナ禍が団体の活動にどのような影響を与えているか
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、団体の生命線ともいえる興行を実施する事が出来なくなりました。現在下記の予定しておりました3大会を中止と致しました。
●2020年3月16日 新潟市西川多目的ホール大会
●2020年5月31日 アオ-レ長岡大会
●2020年7月19日 新津・荻川大会
またジムスク-ル事業も会員の退会や4月、5月は自粛要請に伴う臨時休業による会費の返納や、他プロレス団体への参戦予定、イベント出演予定も全てキャンセルとなり2月大会以降ほぼ活動が出来ない状況が現在も続いています。
 
□「新潟」への想い、支援者へのお願い、今回のプロジェクトへの期待
新潟県はプロレスで世界的に有名なレスラー「ジャイアント馬場さん」を生んだ県として昔から根強いファンが多くプロレス熱の高い地域です。そんな新潟に地元新潟出身・在住の選手達が日々練習に励み、県内のあらゆる地域でプロレスを通じて元気を届けています。選手の中には新潟をイメ-ジさせるキャラクター選手も登場し県内外へPR。
力道山先生が日本へ持ち込んだプロレスは、戦後の日本国民に勇気を与え復興に一役買った歴史が原点。この度のコロナ禍からの復興に我々もプロレスの力で新潟への元気に貢献したいと思っています。その為に我々が活動を再開するためのお力をお貸し下さい。
このプロジェクトを通じて元気な新潟を取り戻す機会になります事期待しています!
 
□アフターコロナでの活動の見通し、実施したいこと
来年2021年は我々新潟プロレスが旗揚げから10年を迎える年となります。
来年は「旗揚げ10周年記念シリーズ」と銘打った年間興行を行い、また秋には「旗揚げ10周年記念大会」として全国から選手が集まるビッグマッチ大会を開催したいと考えております。

/data/project/637/プロレス差し替え.jpg

 

◎問い合わせ連絡先(団体名、電話、メール、時間帯など)

「スポーツ応援!にいがた結(むすぶ)プロジェクト」事務局
新潟県県民生活・環境部スポーツ課
 〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
TEL:025-280-5900/E-mail:ngt030190@pref.niigata.lg.jp
担当者:稲川・品田
 受付時間:(月)~(金) 8:30~17:15 ※土日は休業

※通常「にいがた、いっぽ」ではプロジェクトの目標額を設定、それを上回る額に到達した場合のみプロジェクト成立とし、その後クレジット決済される「オールオアナッシング」方式を採用しています。しかし、今回は特別対応として、目標金額達成の有無に関わらずプロジェクト成立となる「オールイン」方式としました。本ページ上に「目標金額8,000,000円」とあるのは、システム運用上の仮の金額です。
PARTNER

「にいがた、いっぽ」と連携しています

認定NPO法人新潟NPO協会