にいがた竹籠文化を世界へ発信 伝統工芸継承プロジェクト

にいがた竹籠文化を世界へ発信 伝統工芸継承プロジェクト
プロジェクトオーナー

小林ミドリ竹籠店

116%

  • 現在
  • ¥1,160,000
  • 目標金額
  • ¥1,000,000
  • 購入口数
  • 35口
  • 残り日数
  • 終了
このプロジェクトは2017年12月9日 (土)までに、
1,000,000円以上集まった場合に成立となります。

「にいがたいっぽ」掲載していただき感謝します!

2017年11月29日 08:08

ご支援いただいている皆様、ありがとうございます。

本日の新潟日報に「にいがたいっぽ」の記事を掲載していただきました。
当店も大きく載せていただき、ありがとうございます。

先日、100達成させていただきましたが、まだまだ、ご支援を受け付けております。

組色籠は、アルミのフレームに、300年続いた今板の竹籠の技術で、六つ目編みで根曲がり竹を巻き付けております。大事に使えは100年持つと言われている竹籠です。メンテナンスもしやすくデザインしております。万が一、壊れたと言う事があっても、一度、見させていただき、修理することも可能です。是非、末永く使っていただければと思います。

100%達成していますが、まだまだ、ご支援お待ちしております。
何卒、宜しくお願いします。