新潟初の〈食の図書館〉をつくるプロジェクト

新潟初の〈食の図書館〉をつくるプロジェクト
プロジェクトオーナー

株式会社ニール

フード 地域活性化 伝統文化 文化・芸術

72%

  • 現在
  • ¥2,265,000
  • 目標金額
  • ¥3,140,000
  • 購入口数
  • 171口
  • 残り日数
  • 22日
このプロジェクトは2021年5月6日(木)までに、
3,140,000円以上集まった場合に成立となります。
選択中カテゴリー

大浜綾子さんのイラスト〔からずし〕

2021年04月06日 19:33

イラストで旅する『食は新潟にあり』

イラストで旅する『食は新潟にあり』(4)「からずし」

ご飯の代わりにおからを使った郷土料理「からずし」。
新発田市で何度か取材をさせていただきましたが、
本間先生の著書によれば「村上、新発田、寺泊(現、長岡市)でも
このおからのすしが特産的に作られている」と。そうなんですねえ。

西日本では「調味したおからをすし飯に使い、『からずし』『おまんずし』『丸ずし』
『いずみや』『あずま』……などの名でもって、主に中国、四国、九州で
作られてきた」とのこと。ではなぜ新潟で? という疑問の回答が、
北前船。
「内陸にあっても新発田藩は沼垂に自前の港を持っていた」。なるほど。

新発田市観光協会のHPによれば、現在市内で
「からずし」を販売している店は3件とのこと。
先生の著書では魚国(うおくに)の小鯛、アジ、キス、サヨリを
紹介しています。
魚によって、店によって、味わいもさまざま。
食べ比べてみたいですね。
/data/blog/archive/original/51376.jpg「新潟日報」2004年5月29日掲載
◎大浜綾子さんのサイトはこちら
 https://ayakoohama.wixsite.com/home